行政書士アシストWEB > 体験談・コラム > 事業を安定させるために必要なこと
体験談・コラム

行政書士開業から現在までの実体験談や事務所経営や実務において日々思ったことを綴っています。

事業を安定させるために必要なこと

事業を安定させるために必要なこと

これって何だと思いますか?

正解は「投資」です。

例えば、たかだか1ヶ月、2ヶ月100万程度稼いだからと言って生活が変わる人。
こんな方は一時的な成功はしても、持続させる事は不可能でしょう。

そもそも、月に100万稼いだとして、「手残り」はどれくらいだと思いますか?

事務所家賃  6万円
水道光熱費  2万円
電話代     1万円
車両費     2万円
新聞図書費  5万円
事務用品    1万円
広告費    15万円
生活費    30万円
合計      62万円

上記は1ヶ月の大体の計算です。人によって随分違うでしょう。

ただ現実問題、節約してもこのくらいはかかるのではないかと思います。
※広告費はかなり甘く見ていますので。

そうすると、生活費を除いて残るお金はたったの38万円ぽっちです。

当然税金もかかりますので全部を使うわけにはいきませんが、ここから毎月の投資額を「20万円」と決めるとします。
すると残りは税金で取られるか、税金払っても残る分があるのならばそれが内部留保という事になります。

どうですか?

月100万稼いでも、決して楽ではないと思いませんか?

投資額の20万円を生活費に回せば楽な生活にもなるでしょうし、ちょっと贅沢して好きなものを買うこともできるでしょう。

しかし、決して楽ではない中でも、生活を変えず、事業を少しずつでも大きくする為に、愚直に投資し続けた人

そういう人だけが1年後にも変わらず稼ぎ続け、笑っていられるのだと僕は思います。

ハッキリ言って、「1ヶ月だけで良いから100万稼げ」と言われたら、容易く達成する個人起業家はたくさんいるでしょう。
そして、あっという間に消え行く起業家もたくさんいると思います(笑)

でも、そうはなりたくないですよね?

僕だってそうなりたくはありません。

10年後も、20年後も生き残っている企業にしていきたい。

いつもそう思って仕事をしています。

とは言ってもいまや、ライバル数はどんどん増え続けています。

他の事務所もお金をかけて広告を出し、勝ち残ろうと必死です。

そんな中で、ただでさえ新人というハンディのある僕らが「投資」をすることもなく勝ち残れるはずはありません。

今や、メールマガジンの読者も、ホームページへのアクセスも買うことができる時代です。

結局、事業を安定させるにも、開業スタートダッシュを実現するにも「投資」は必要不可欠だと言うことですね。

勘違いして欲しくないのですが、お金がなければ駄目だ、と言うことを言っているわけではありません。

僕も国民生活金融公庫からの借金でのスタートでしたし、使えるお金など大してありませんでした。

でもその中でも、生活費を削って投資したものです。

当然、無料で出来る努力や工夫は惜しんではいけません。

ただ、それだけで勝てるほど甘い世界ではないということです。

事業で稼いだお金を事業拡大の為に使う

それを心がけて継続していく姿勢がなければ、安定した事業など望むべくもないと思います。

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク