体験談・コラム

行政書士開業から現在までの実体験談や事務所経営や実務において日々思ったことを綴っています。

紹介を頂くコツ

会社設立の依頼が立て続けに入ってきます。全く間が空きません。

そしてそれと同じくらいに「借金相談」もどんどん押し寄せられてきます。^^;

ウチの事務所は簡裁代理を持った司法書士と提携していますので、そちらにガンガン振るだけですが、借金相談の多さを感じます。司法書士や弁護士が間に入ると、有無を言わせず減額や過払い請求をしてくれますからね。(もちろん返済している期間にもよりますが)

紹介しているだけなんですが、お客様にも感謝され、次々に相談が入ってきますし、当然業務を紹介した司法書士や弁護士からも喜ばれます。

逆に司法書士は銀行と仲良くしているケースが多いので、ウチの事務所で融資案件のお客様が来た場合など、銀行さんの支店長や信用保証協会の担当者を紹介してもらえたりして、業務遂行の上で非常に助かっています。

まあ、事業計画書作って融資をつけると、抵当権設定の登記などをまた司法書士がやる、という流れが待っているのですが(笑)

また、その他にも司法書士は不動産会社との付き合いがあるので、そこから風俗営業許可の依頼を頂くことも多いです。(風俗営業やる場合には大家の承諾が必要だったりしますからね。)

更に顧問税理士からも、毎月こちらが払っている顧問料以上の仕事がちょこちょこ入ってきますので、横のつながりの大切さを感じています。(建設業許可とか定款変更とか多いですね)

そして、「こちらから仕事を紹介すること」「こちらから積極的にお金を落とすこと」これが大切であり、紹介してもらうことのコツだといえます。

インターネット営業も良いのですが、こうした地元の横のつながりも大切にしていきたいものです。

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク