行政書士アシストWEB > 行政書士からのご質問 > 行政書士開業予定の方々との面談にて
行政書士からのご質問

同業の先生や行政書士開業予定の方からのご質問・ご意見をまとめてみました。

行政書士開業予定の方々との面談にて

東京で数名の開業予定者の方とご面談をさせて頂きました。
「取扱業務を何に絞るか?」については皆さん悩まれているようでした。

無料面談の際に、僭越ながら僕の意見も述べさせて頂いたのですが、まずはご自分の経験を活かすことのできる業務、ですが、経験に関係なく、「融資申請」はかなりオイシイ仕事であるのでやった方が良い、とアドバイスさせて頂きました。

ウチの事務所は国金融資を得意としていますが、融資案件だけで月約50~100万円の売上が上がります。

簡単にシュミレーションしてみますと、

事業計画書作成が着手金6万円 × 2名 =12万円
融資実行額1200万円(500万と700万)の3% = 36万円

合計 48万ですね。

しかも、事業融資の支援ということは、この後に飲食店許可・会社設立・建設業許可と仕事が続いていくわけです。

融資を取り付けてあげると、実際にこのようなフローで仕事を簡単に複数受任する事ができます。

しかも、値下げ交渉などに付き合う必要もありませんし、そのお客様からの紹介も増えます。

これだけ好条件が整っているにも係わらず、取り扱っている行政書士は格段に少ない。

これはもう新人がやるしかないですよ(笑)

それに・・・・・

融資がおりたお客様は、本当に嬉しそうに喜んでくれます。

何と言っても、長年の夢の第一歩を踏み出せるわけですから・・

そんな時、本当の意味で「お客様の起業を支援している」と自分で実感できるのです。

会社設立だけやっている時とは、明らかに違う充実感と言うか、喜びを感じます。

お客様の融資を取り付け、開業実現のお手伝いをして、お客様の開店した店で飲むお酒は本当においしいです。

そういう意味でも、融資は本当においしいのです。

そんなお話をさせて頂きました。

あなたも開業時の取扱業務候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク