行政書士アシストWEB > 行政書士開業準備編 > 仕事を覚えるのが先か?営業が先か?
行政書士開業準備編

行政書士開業の為の準備とは?これを読んで開業スタートダッシュを図りましょう。

仕事を覚えるのが先か?営業が先か?

行政書士開業直後は、仕事を覚える為の勉強に取り組まれる新人の方も多いと思います。単位会では様々な業務研修会もやっていますが、僕の持論では、どんなに本を読もうと、どんなに業務研修会に出かけようと、たった1回の仕事(実務)には勝てない、ということです。

勉強ばっかりしている経験無しの行政書士より、例え1件でも実績がある行政書士の方が本当の意味でのプロだと思うのです。

誰しも「初めての業務」という道を通って経験を重ね、真の意味でのプロへとなっていくわけですから、「やったことがないから・・・・」と言って怖気づいていては、いつまで経っても仕事をこなすことはできないと思います。

従って、僕としては、最初に本や研修会などを参考にしながら営業をかけてみる。そして実際に仕事を取って、こなす。

そこに注力すべきだと思います。

特殊車輌通行許可申請の仕事にしても、一般社団法人設立の仕事にしても、始まった当初は僕だってやったことはなかったわけです。(当然ながら)

ただ、各行政庁に問い合わせたり、法律や通達を勉強したりすることで、実務はこなすことができましたし、1件こなすと一気に自信とノウハウが身につくんです。

そうやって仕事を覚えていき、ノウハウを身につけていくしか方法はないと思います。(どこかの事務所で補助者として雇ってもらう幸運にでも恵まれない限りは)

まずはHPにドーンとサービスを公開して、営業活動に一生懸命になってはどうでしょうか?
HPを作ったり、お客様と打合せをしたりするにしても、最低限の知識は必要ですので、自然と業務の勉強にも取組はするはずです。

最低限の知識を身につけたら、後は営業営業!で頑張ってみてください。

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク