行政書士のためのホームページ作成・WEBマーケティング講座

行政書士がホームページを作成する際のポイントやノウハウを公開していきます。

ホームページに使用する写真について

ホームページで自分の顔を出すことで、お客さんの不安を軽減し、信頼感や安心感を与えることができる。
それは、差別化にもつながり、反応率に大きく貢献する。

だからこそ、この行政書士アシストBLOGではお客様に顔を出していただくようにお願いしています。

今のところ、顔を出すことを断られた人はいないのですが、
お送りいただく写真にたまにこんなものがあります。

  • 「ぜんぜんシャキッとしていないな写真」
  • 「頼りがいのなさそうな、背筋の曲がった写真」
  • 「小さすぎて顔がよくわからない写真」
  • 「フラッシュで顔が白くなりすぎた写真」
  • 「無表情な顔の写真」
  • 「無愛想な顔の写真」

これらはぜーんぶ「ダメ」です。

ダメな理由はわかりますよね?

顔を出せばOK!というわけではないんです。

その写真から、その方の人となりが伝わるのです。

「全然しゃきっとしていない写真」なのに、頂いたコピーは「●●なら私にお任せ下さい!」
→任せられるかっ!!

「小さすぎて顔がよく分からない写真」→安心してお任せ下さい!
→安心できませんっ!誰??

「無愛想な顔の写真」なのに「地域密着で親身なサービスが自慢です!」
→本当?めっちゃ無愛想なんだけど・・・!!

ということになってしまうわけです。

じゃあどんな写真を送ってくれば良いのか?

それは

「その写真からより良いイメージを与えるもの」ならばOKだと思います。

これからサービスをお申込みをお考えの方は、
できるだけ良い写真を準備していただくようお願いいたします。

あまりにひどい場合は、私が渡邉に伝えて、渡邉の方から柔らかく写真の再提出をお伝えしております。(笑

お金はかかりますが、できれば写真館等にいってばっちりとってもらう方がよりベターです。
写真のクオリティで、間違いなくホームページのクオリティも変わってきます。

ホームページは貴方の事務所の顔になるものです。
そんなに高い金額はかかりませんので、ぜひ最高の一枚を準備していただきたいと思います。

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク

ホームページの運用がはじめて、または、成果が出ないとお悩みの方必見!
行政書士がインターネットで勝つための戦略と考え方無料レポート

スポンサードリンク